運営管理

★在庫

Ⅰ在庫の効果

①発注費用の低減・・・在庫を多く持つと発注回数がへり発注費用が少なくなる。

②リードタイム短縮・・・製品在庫や仕掛在庫があれが受注から製品出荷までのリードタイムを短縮できる。

③サービス向上・・・品切れを防止でき、機会損失を減らし、顧客に迷惑をかけずにすむ。

 

Ⅱ有効在庫

実質的に利用可能な在庫量のこと。

有効在庫量=手持ち在庫(実際の倉庫在庫)ー引当量(出荷準備中在庫)+発注残(入荷街)

が、計算公式になります。

 

ⅢABC分析

多種多様な商品を扱うときに、重要度に応じて管理する手法がABC分析です。

Aは、販売量上位20%の商品で売上高の約80%を占める

Bは、販売量上位50%までの商品

Cは、残りの商品

商品の分類によって、

重要なAは定期発注なので機会損失を発生させないように在庫管理をし、

Bは、手間が掛からない定量発注で、

Cは、必要なときだけ発注

など、ランクによる在庫発注も重要になります。

 

<僕の理解の仕方>

在庫は、重要です。

在庫は、お金です。

在庫は、必要です。

 

**********************

人気ブログを目指して!! ← 知合いが、やっていたので少しマネをしてみました。

  ↑   ↑   ↑

会社と自宅、それぞれ1日1クリックで合計2クリック(投票)を願いします。

|

★ICタグ

個体認識技術に基づく小型のチップによる情報システムです。

長所

・無線技術のため、障害物があっても読み込み可能

・電波処理なので複数でも汚れていても読み込み可能

・情報量が多くても可能

・情報の書き換えが可能

短所

・電波なのでICタグを追跡が可能になりプライバシーの侵害の恐れがある。

活用例

・レジなどでの作業時間短縮

・ICタグに生産履歴をインプット可能。

 

 

**********************

人気ブログを目指して!! ← 知合いが、やっていたので少しマネをしてみました。

  ↑   ↑

会社と自宅、それぞれ1日1クリックで合計2クリック(投票)を願いします。

|

★工作機械

旋盤・・・材料自体を回転させて材料を削る機械

フライス盤・・・工具の刃物を回転させて素材を削る機械

ボール盤・・・固定した材料を垂直方向からドリルで穴をあける機械

中ぐり盤・・・丸穴を大きくしたり、穴の仕上げ加工をする機械

研削盤・・・砥石を高速回転させて研磨(磨く)機械

プレス機械・・・材料を切断したり曲げるを、上から圧力を加えプレス加工をする機械

NC・・・数値制御工作機械とよばれ、設定した数値に自動で仕上げる機械。

NC旋盤・・・単なる『旋盤』は人間が作業を行っていたが、それを自動でする機械

NC***・・・「旋盤~プレス機械」まで機械の前に『NC』が付くと自動でする機械になります。

MC・・・・マシニングセンタと呼ばれ、切削・研削・穴あけなどを複数の加工を1台で行う数値制御の工作機械。

ほかにも、機械の種類はいろいろあるみたいです。

 

 

**********************

人気ブログを目指して!! ← 知合いが、やっていたので少しマネをしてみました。

  ↑   ↑

会社と自宅、それぞれ1日1クリックで合計2クリック(投票)を願いします。

|

★サービス業の生産管理

サービス業は、物でなくサービスを製品としている。

①無形性・・・目に見える形がない。品質規格を測定することができないので、顧客に一定の品質を提供できているのか把握が困難。顧客アンケートなどで顧客満足度を調査したり、お試し期間などの設定で、実際利用時に顧客ががっかりすることを防ぐなどの対策が必要

②変動性・・・サービスは、提供するたびに品質が変わる。担当者による違い、天候や体調による違いなどで、品質の標準化が非常に難しい。マニュアル化よる作業手順の標準化や担当者教育などが重要。

③生産と消費が同時・・・生産した時がサービスを消費する時になる。サービスは在庫を持つことができないので、稼働率や生産性を一定に保つことが難しい。予約制や季節価格制などで需要を調整し、平準化を図ろうとする必要がある。

<僕の理解の仕方>

サービス業だと、どうしても接客の担当者による、サービスレベルって違いますよね。全ての人が喜ぶ担当者は珍しいので、担当者自身の特徴を活かせる接客ができれば、会社全体のレベルUPになるように思います。もちろん、最低限の基本レベルは超えてる必要がありますがね。

**********************

人気ブログを目指して!! ← 知合いが、やっていたので少しマネをしてみました。

  ↑   ↑

会社と自宅、それぞれ1日1クリックで合計2クリック(投票)を願いします。 

|

★ISO9000シリーズ

ISO9000シリーズは、品質管理に関す国際規格です。

①ISO9001・・・品質マネジメントシステムの規格要求事項が述べられている。

②ISO9004・・・内部で行う品質管理の監査について述べられている。

 品質方針、品質目標などを策定し、手順のマニュアル作成によって標準化を目指すものである。そのため、サービス業や流通業なども仕事の質について認証取得活動を行っている。

税理士事務所でもISO9001を取得している事務所もありますよ。

ウチも改善のために取得を目指すのも面白いかも・・。

|

★『なぜ』を5回言う

 トヨタさんが、起きている問題の真の原因を探るために考えだした方法です。

なぜそうした問題が生じたのかを追求していくのが、『なぜ』を5回言うというものです。

たとえば、

『なぜ切手を貼り忘れたのか?』 → 「急いでいたからです。」

『なぜ急いでいたのか?』 → 「集配に間に合わすためにです。」

『なぜ今日の集配に間に合わせる必要があったのか?』→「早い方が良いと思ったから」

『なぜ早い方がよかったのか?』 → 「領収書だったから」

『なぜ領収書は早い方がよかったのか?』 → ????

つまり、なぜを繰り返してるうちに真の原因にたどりつくのです。

この場合は、「領収書は早く出す必要がある」と思いこんでいたのが、真の原因になります。

結果とし「領収書は、いつまでに送付する必要があるのか?」の確認作業をすることが改善につながります。

注:上記の問題は、僕の個人的な想像の『なぜ』です。

|

★生産の形態

①少品種大量生産(大量生産)・・・少ない種類の製品を大量に生産すること。長所、規模の経済性が働き低価格化。短所、需要変動に対応できず在庫過多になりがち。

②多品種少量生産・・・多種類の製品を少量ずつ生産する。長所、小口注文への対応が可能、短所、生産効率が悪化しやすい。

③見込生産・・・需要を予測して生産すること。長所、在庫があるのので即納が可能。短所、予測違いで死蔵在庫が大量発生の恐れあり。

④受注生産・・・受注した製品を受注の都度、受注分だけ生産。長所、在庫負担や在庫管理費用が少なくてすむ。短所、稼動率が変動するため生産性が上がりにくくなる。

⑤連続生産・・・同一製品を一定期間続けて生産すること。長所、作業の単純化、標準化が可能。短所、製品の多品種化には対応しにくい。

⑥ロット生産・・品種ごとに一定の生産量をまとめて生産すること。連続生産と個別生産の中間

⑦個別生産・・・製品を1単位ずつ生産すること。長所、細かい顧客ニーズに対応可能。短所、生産性が低く部品が多品種になりコスト高

⑧押出し方式(プッシュシステム)・・・スケジュールにしたがって、全工程に納期と数量を指示し生産を行うこと。

⑨引張り方式(プルシステム)・・・最終工程にのみ納期と数量を指示し生産を行うこと。後工程が前工程に品物を取りに行く方式で『かんばん方式』が代表例です。

 

<僕の理解の仕方>

どの生産方式でも一長一短があるので、自社の製品のタイプや、市場動向などにより生産方式は変化します。また、どうやったら、生産効率を上げれるのかも各方式にとって大きな目標といえます。

|

★1:10:100の法則

設計で1程度のコストをかけて改善すると、

市場では10倍の改善効果があり、

消費者には100倍喜んでもらえる。

という、法則です。

逆に言うと

設計製造で1程度の手抜きが

市場では10倍の問題がおき

消費者に行った段階では100倍のコストが必要になる。

と考えられます。

 

保全(改善)活動は、できるだけ早い段階(設計や製造)などで

実施する方が、安いコストで少ない損害になり、

しかも大きな効果をもたらすのです。

|

★ヒヤリハッと

 あるお客様の会社の書類棚にあった、

ファイルのタイトルが『ヒヤリハット』となんです。

最初見た瞬間は、仕事の時にかぶる帽子の管理簿?と思ったのですが、

『ヒヤリ』と『ハット』をあわせた言葉かも?と思いながら、

質問するのも忘れていたのですが、『運営管理』のテキストで出てくるのです。

この言葉が!!

 

アメリカの損害保険会社の人が考えもので、

1件の重大な事故や故障には、

29件の同じ内容の軽度な事故や故障が過去にあり、

さらにその背後には300件の『ヒヤリとしたこと』『ハットしたこと』

がある、という法則があるのです。

『ハインリッヒの法則』と呼ばれるものです。

 

ヒヤリとしたとき、ハット気づいたときに、問題視して改善策を打っておけば、

大きな事故や故障にはつながらないとい考えです。

何事も事前に対処すべきである。との考えにつながります。

 

このお客さまも、できるだけ多くの従業員から、

『ヒヤリ』『ハット』した情報を集め、 事前にトラブルの芽をつぶしておこう

との考えみたいです。

 

みなさん、会社や家庭で何か『ヒヤリ ハット』は無いですか?

|

★商店街

商店街は、地域に自然発生してできた商業の集まりで、人々の生活に深くかかわっています。

商店街の役割として、

①小売機能の集積地・・・・小売機能の集まり・経営の場

②消費者の購買と生活の場・・・・買物などの生活の基本的ニーズの充足の場

③都市機能の一部・・・・都市の構成要素で、都市全体との調和された空間

などがあります。

 

商店街は、

①近隣型(毎日いける近くの店舗)、

②地域型(週1回くらい行く地元の有名商店街)、

③広域型(乗換駅など中心部の商店街群)、

④超広域型(巨大都市の繁華街)

などに分類されます。

 

<僕の理解の仕方>

①近隣型は、主婦(主夫)が毎日買物に行く市場(土居商店街)

②地域型は、週末に家族でまとめ買いに行く商店街(守口駅周辺)

③広域型は、たまに行くデパートなど。(京橋駅周辺)

④超広域型は、大都市にあるオシャレな繁華街(梅田orミナミ)

|

より以前の記事一覧