経営情報システム

★EPRパッケージ

EPR(Enterprise Resource Planning)とは、販売管理、財務会計、購買管理、給与管理、生産管理などの業務を「企業全体の経営資源の計画的かつ最適な適用」のためにコンピュータ・システムを使って一元管理していくことをいいます。

①パッケージの範囲・・・財務会計、管理会計、販売管理、在庫管理、仕入管理、債権管理、債務管理、資産管理、人事管理、給与管理、生産管理など。

②特徴・・・標準的業務を短期間低コストで構築、業務間の連携により経営情報をリアルタイムに共有可能、業務効率改善や意思決定の迅速化や顧客対応強化

③問題点・・・既存業務をパッケージにあわす必要があり業務のトラブル原因になる。

<僕の理解の仕方>

有名なパッケージとしては、弥生シリーズ、番頭シリーズ、勘定奉行シリーズ、FXSXPXシリーズなどあります。また、値段も機能により大きく変動します。

 

**********************

人気ブログを目指して!! ← 知合いが、やっていたので少しマネをしてみました。

  ↑   ↑   ↑

会社と自宅、それぞれ1日1クリックで合計2クリック(投票)を願いします。

|

★電子商取引

インターネットを活用した取引を電子商取引といいます。

商品やサービスの売買、受発注、物流などをインターネットを介して行うこと。

企業対企業 が BtoB

企業対個人 が BtoC

個人対個人 が CtoC

などが代表例です。

 

『B to B(ビーツービー)』とは、Business to Business ビジネス ツー ビジネスのことです。

B2Bと表記されることもあります。

これは、企業と企業がインターネット上でおこなう電子商取引のことをいいます。

 

『B to C(ビーツーシー)』とは、 Business to Consumer ビジネス ツー コンシューマーのことです。

B2Cと表記されることもあります。

これは、企業と消費者がインターネット上でおこなう電子商取引つまり、オンラインショッピング(インターネットショッピング)のことをいいます。

 

『C to C(シーツーシー)』とは、Consumer to Consumer コンシューマー ツー コンシューマーのことです。

C2Cと表記されることもあります。

これは、消費者と消費者がインターネット上でおこなう電子商取引つまり、インターネットオークションなどです。

 

<僕の理解の仕方>

対面販売が減り、インターネット販売が増えつつあるんですよね。

個人的には、対面販売がすきです。

  

**********************

人気ブログを目指して!! ← 知合いが、やっていたので少しマネをしてみました。

  ↑   ↑   ↑

会社と自宅、それぞれ1日1クリックで合計2クリック(投票)を願いします。

|

★ユビキタス社会

ユビキタスとは、ラテン語で『至るところに存在する』と言う意味で、ユビキタス社会とは、インターネットなどの情報ネットワークに、いつでも、どこからでもアクセスできる環境がある社会ということになります。

高速ブロードバンドで、商品の説明を動画カタログで見たり、映画や音楽をオンデマンドで見たり聴いたりなど、快適な情報化社会になりつつあります。

また、ビデオ会議システム、テレビ電話などで双方向コミュニケーションなども可能になっています。

電子商取引つまり、インターネットオークション、インターネットショッピングなどで、わざわざ店に出向かなくても、欲しいモノが欲しいときに存在するようになっています。

電子マネーなどを搭載したICカードの普及などもユビキタス社会に1つといえます。

 

<僕の理解のしかた>

情報が至るところに存在する。これがユビキタス社会かも。

でも情報の海におぼれそう・・・。

 

 

**********************

人気ブログを目指して!! ← 知合いが、やっていたので少しマネをしてみました。

  ↑   ↑   ↑

会社と自宅、それぞれ1日1クリックで合計2クリック(投票)を願いします。

|