« お母さんへ | トップページ | 夕食と晩御飯 »

中小企業白書 2008年版 9

第三部 : 地域経済と中小企業の活性化

1.地域を支える中小企業の事業再生と小規模企業の活性化

 

・開業率より廃業率が高い(1986年から続いている) → 企業数減少

・企業数 1986年 535万社 → 2006年 421万社 

・開業率が高い業種  ①情報通信業 ②医療福祉業 ③教育学習支援業

・廃業率が高い業種  ①情報通信業 ②飲食宿泊業 ③金融保険業

 

・経営継続困難時の相談先 ①役員 ②公認会計士税理士 ③家族 ④銀行

・地域を支える小規模企業の経営方針

 『利益最大化』より 『 雇用の場の提供 』 が多い

 

・小企業の強み → 少数精鋭、現場ノウハウ、柔軟な対応

・小企業の弱み → 設備の整備の負担、品揃えの弱さ、資金調達の弱さ

 

《僕の個人的見解》

小企業ほど家族的経営が強くなるので、雇用の継続が最大の目標となり、

その経営者への想いに答えるために、従業員が頑張る。

だから、黒字小規模企業の場合は、中企業より利益率が高い企業が多い。

          ↓

つまり、従業員を大切にする企業の方が黒字になりやすい・・・・・・・かも

|

« お母さんへ | トップページ | 夕食と晩御飯 »

中小企業白書」カテゴリの記事