« 土曜日・日曜日 | トップページ | な~~~んか・・・ »

ワーク・ライフ・バランス

内閣府から

「仕事と生活の調和に関する特別世論調査」

の概要が公表になっていました。

 

★認知度(ワークライフバランス)

・名前も内容も知っている  9%

・名前だけ知っている    26%

・わからない          64%

 

★希望の優先度

・仕事優先      5%

・家庭        30%

・地域、個人     3%

・仕事と家庭    26%

・その他       35%

★現実の優先度

・仕事        22%

・家庭        33%

・地域個人      4%

・仕事と家庭    23%

・その他       18%

 

希望も現実も「『仕事』を優先」と答えた比率が前年より減少しています。

・希望   11%→5%

・現実   27%→22%

 

この仕事優先が減少分は、「『家庭生活』と『地域個人』の両立」

と言う部分が増加しています。

 

これって、

仕事が暇になり、ボランティア活動などが増えたのか?

地域貢献へを考える人が増えたのか?

どうなんでしょうか?

 

ただ、地域との関係(密着)を重視するのは、高齢化社会を迎える

我が国としては重要な事だと思います。

  

 

|

« 土曜日・日曜日 | トップページ | な~~~んか・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事