« 上海旅行 6 | トップページ | 上海旅行 8 »

上海旅行 7

いよいよ、帰りの飛行機です。

帰りの飛行機は、ボーイング737-800という、超新型機種でした。

友人は、大興奮!!

わりと小さい飛行機なので、通常のゲートからのれず、

バスで移動し、タラップから乗るタイプ

(よく外国の首脳が飛行機の出口で階段みたいなやつの上で手をふるタイプ)

でした。

友人は、バスから離れ滑走路を勝手に移動して

少し離れた場所から飛行機の写真を取ったりしていました。

 

その時です事件は!!

空港警察の人が、バスから離れ写真を撮ってる友人をみつけ

かなり、あきれた顔つきで空港警察の人が・・・・

笛を吹きながら彼に近づき、手招き。

友人はさすがに少し近寄りつつ、写真をとり

渋々みんなのもとに・・・・。

あのまま気づかず写真を撮っていたら、

きっと一緒に帰国できなかったかも。。。笑

 

その後、無事に離陸し、ワインで乾杯をしていたら、

隣のサラリーマン風の人が、客室乗務員に英語でなにやら

質問をしていたのですが、スッチーが英語が苦手なのか通じず

男性は悲しそうな顔。

この男性は、日本人?韓国人?それ以外??わからなかったんですが、

会話の中で聞き取れた単語から、飛行機のパンフレットを指差すと

『あ、737-800は、わかっています。』

『こんな新しい機材を何故、マイナーエアラインの上海航空が所有しているのか

聞いていたんです。』

と、日本語で帰ってきました。

その後、熱く航空機の話をきいたり、してたんですが、

「中国の工場に出張してたんですよ、

掃除機を作ってる会社なんですよ。。。」

『もしかして、S洋さん?』

「なんで、わかるの??」

『僕の家が、S洋さんの本社の近くなんで・・・』

「姫路工場所属やらから本社は・・」

『実は、姫路の大学に通ってたんですよ』

「えーーーー、世間は狭いな~~」

と、会話が弾み、いろいろとお話を聞かせてもらいました。

その中国通の男性いわく、

工場労働者(作業員)は、月収2000元 日本円で約35000円

毎年毎年、賃金が上がってる。

しかも、日本円が安くなっているので、ますます日本円換算は高くなっている。

きっと、5年もしたら、人件費メリットは無くなると思う。

と、話しておられました。

もし、そうなるとユクニロ製品は値上げに・・・・・。

 

今日の旅行格言は、

『ちょっとした、勇気?おせっかい?が、新しい出会い!!』

『世界の工場である中国の5年後が楽しみ!!』

です。

|

« 上海旅行 6 | トップページ | 上海旅行 8 »

「旅行・地域」カテゴリの記事