« 青春の1ページ (長文) | トップページ | 後少しでGW »

★電子商取引

インターネットを活用した取引を電子商取引といいます。

商品やサービスの売買、受発注、物流などをインターネットを介して行うこと。

企業対企業 が BtoB

企業対個人 が BtoC

個人対個人 が CtoC

などが代表例です。

 

『B to B(ビーツービー)』とは、Business to Business ビジネス ツー ビジネスのことです。

B2Bと表記されることもあります。

これは、企業と企業がインターネット上でおこなう電子商取引のことをいいます。

 

『B to C(ビーツーシー)』とは、 Business to Consumer ビジネス ツー コンシューマーのことです。

B2Cと表記されることもあります。

これは、企業と消費者がインターネット上でおこなう電子商取引つまり、オンラインショッピング(インターネットショッピング)のことをいいます。

 

『C to C(シーツーシー)』とは、Consumer to Consumer コンシューマー ツー コンシューマーのことです。

C2Cと表記されることもあります。

これは、消費者と消費者がインターネット上でおこなう電子商取引つまり、インターネットオークションなどです。

 

<僕の理解の仕方>

対面販売が減り、インターネット販売が増えつつあるんですよね。

個人的には、対面販売がすきです。

  

**********************

人気ブログを目指して!! ← 知合いが、やっていたので少しマネをしてみました。

  ↑   ↑   ↑

会社と自宅、それぞれ1日1クリックで合計2クリック(投票)を願いします。

|

« 青春の1ページ (長文) | トップページ | 後少しでGW »

経営情報システム」カテゴリの記事