« ありがとうございます。 | トップページ | ヒノキが憎い »

★在庫

Ⅰ在庫の効果

①発注費用の低減・・・在庫を多く持つと発注回数がへり発注費用が少なくなる。

②リードタイム短縮・・・製品在庫や仕掛在庫があれが受注から製品出荷までのリードタイムを短縮できる。

③サービス向上・・・品切れを防止でき、機会損失を減らし、顧客に迷惑をかけずにすむ。

 

Ⅱ有効在庫

実質的に利用可能な在庫量のこと。

有効在庫量=手持ち在庫(実際の倉庫在庫)ー引当量(出荷準備中在庫)+発注残(入荷街)

が、計算公式になります。

 

ⅢABC分析

多種多様な商品を扱うときに、重要度に応じて管理する手法がABC分析です。

Aは、販売量上位20%の商品で売上高の約80%を占める

Bは、販売量上位50%までの商品

Cは、残りの商品

商品の分類によって、

重要なAは定期発注なので機会損失を発生させないように在庫管理をし、

Bは、手間が掛からない定量発注で、

Cは、必要なときだけ発注

など、ランクによる在庫発注も重要になります。

 

<僕の理解の仕方>

在庫は、重要です。

在庫は、お金です。

在庫は、必要です。

 

**********************

人気ブログを目指して!! ← 知合いが、やっていたので少しマネをしてみました。

  ↑   ↑   ↑

会社と自宅、それぞれ1日1クリックで合計2クリック(投票)を願いします。

|

« ありがとうございます。 | トップページ | ヒノキが憎い »

「運営管理」カテゴリの記事