« お彼岸 | トップページ | ゼクシオ »

★ヒヤリハッと

 あるお客様の会社の書類棚にあった、

ファイルのタイトルが『ヒヤリハット』となんです。

最初見た瞬間は、仕事の時にかぶる帽子の管理簿?と思ったのですが、

『ヒヤリ』と『ハット』をあわせた言葉かも?と思いながら、

質問するのも忘れていたのですが、『運営管理』のテキストで出てくるのです。

この言葉が!!

 

アメリカの損害保険会社の人が考えもので、

1件の重大な事故や故障には、

29件の同じ内容の軽度な事故や故障が過去にあり、

さらにその背後には300件の『ヒヤリとしたこと』『ハットしたこと』

がある、という法則があるのです。

『ハインリッヒの法則』と呼ばれるものです。

 

ヒヤリとしたとき、ハット気づいたときに、問題視して改善策を打っておけば、

大きな事故や故障にはつながらないとい考えです。

何事も事前に対処すべきである。との考えにつながります。

 

このお客さまも、できるだけ多くの従業員から、

『ヒヤリ』『ハット』した情報を集め、 事前にトラブルの芽をつぶしておこう

との考えみたいです。

 

みなさん、会社や家庭で何か『ヒヤリ ハット』は無いですか?

|

« お彼岸 | トップページ | ゼクシオ »

「運営管理」カテゴリの記事