« まだまだ若かった\(^o^)/ | トップページ | 隣のラーメン屋さんの‘2つの不思議‘ »

★沈黙のセールスマン

 パッケージ(包装)の目的とは、

①流通段階での商品の破損、汚損などから保護する。

②輸送、保管の商品の取り扱いを易にする。

③商品を販売しやすい単位にする。

④商品の広告や販売促進に利用する。

⑤商品の使用や消費に便利な容器にする。

⑥商品のブランドイメージを向上させる。

など、いろいろな目的があります。

以前は、①②などが目的でしたが、現在は④⑤⑥などの目的が主流とたっています。

近年は、スーパーなどセルフサービス方式の店舗が増え事前包装が必要となり、販売時においても、品質や内容量、使用方法など情報提供の必要性が向上し、デザインを魅力的にし消費者の興味を引くための包装も必要なとなってきています。それらの理由から『パッケージ(包装)は沈黙のセールスマン』と呼ばれるようになっています。

<僕の理解の仕方>

市場に買物に行くと、必要な商品を必要な量だけお店の人が包んでくれたし、食べ方なども教えてくれたけど、スーパーだと包装された商品を自分でみて、必要な量の商品を選び、食べ方もパッケージに書いてるのを参考にして自分で必要なモノを探す必要がでてきてますよね。この販売方法の変化が包装の目的の変化を起こしているのです。

|

« まだまだ若かった\(^o^)/ | トップページ | 隣のラーメン屋さんの‘2つの不思議‘ »

「キーワード」カテゴリの記事