« またまた | トップページ | 4時間 »

★割引価格戦略

一定の条件で取引先に対して割引をする戦略です。

①現金割引・・・・企業間取引で、現金決済をした場合に割引をする方法

②数量割引・・・・大量購入した買い手に対して割引をする方法

③機能割引・・・・販売だけでなく保管、流通、保守などいろいろ業務ができる相手に対して行う割引戦略

④季節割引・・・・需要が季節により変動する製品でオフシーズンに割引をする戦略

⑤アローワンス・・・・卸、小売業者が、メーカーの変わりに販売促進を行う場合の割引

⑥リベート・・・・取引高を基準に取引先に支払う販売奨励金など

<僕の理解の仕方>

①支払いを『つけ』や『手形』でなく現金でするので、資金繰りが楽になるので割引をしてくれる。

②1個でなく、100個・1000個と大量に購入してくれるなら割引します。

③販売だけでなく、商品の流通や保守などいろいろな業務をメーカー(製造元)の変わりにするなら割引をしましょう。

④スキー場のホテルが、夏場に割引価格で夏スキー客を集める割引パックなど

⑤販売店が、メーカーの変わりに店頭で販売促進を行う時にもらえる割引特典

⑥販売高が、目標に達成した時などに支給される報奨金

|

« またまた | トップページ | 4時間 »

「キーワード」カテゴリの記事