« センター試験 | トップページ | シュークリーム »

★サプライ・チェーン・マネジメント

 サプライ・チェーン・マネジメントとは、製造~物流~小売までの各企業が、販売予測・販売情報などを共有することで、品切れや欠品による機会ロスを減らし、適正な在庫数量で、低コストで最適な商品供給をしようとす考え方です。

POSレジなどを小売店で利用し、販売状況を卸売りや流通業者に伝え、さらには製造メーカーが欠品や過剰在庫にならないように生産調整をし、材料購入も最小範囲で行えるように、生産・物流・販売が一体となることを目標としている。

 

<僕の理解の仕方>

コンビニがお弁当の生産を、POSレジの情報を元にして翌日の生産調整や商品構成を検討する場合も、1つの企業内で最適な商品供給が行われている具体例と言えるでしょう。(POS情報だけでなく、天候や各店舗からの受注など総合判断で生産されています。)

|

« センター試験 | トップページ | シュークリーム »

「キーワード」カテゴリの記事