« 佐喜千 | トップページ | 洋服の青山 »

★ブランドの種類

ブランドの分類方法がいろいろあります。

統一ブランド個別ブランド

NBPB

ダブルブランド・ミックスブランドノーブランド

それぞれ、分類の仕方が違います。

①『統一ブランド(ファミリーブランド)』・・・・複数の製品ラインに共通するブランドを設定したもので、企業全体の統一イメージが確立される。市場への新製品の浸透が容易で販売促進コストが低減できる。「SONY」「カルビー」が企業名そのモノがブランドとなっている。「パナソニック」などは、事業部の名称がブランド名となっている。

 『個別ブランド』・・・・個々の製品ラインやアイテムごとに設定されるブランドです。性格の異なった商品、対象市場の異なる製品、品質や等級に差がある製品などに採用されます。「モルツ」「ポカリスエット」「マイルドセブン」などです。

②『NB』・・・・ナショナルブランドで、もともとは大規模メーカーが開発販売している商品をさしていましたが、現在は製造業者が設定し所有している商標(ブランド)としてPBと比較されます。

 『PB』・・・・プライベートブランドで、流通業者が独自に開発し、自ら使用を決定した商品の事で、卸売業者や小売業者が所有する商標として使われます。

③『ダブル・ブランド』・・・・1つの商品にブランド名が2つ併記されているもの。企業名などの統一ブランド+個々の個別ブランド名が付いた場合です。「アサヒ・スーパードライ」などです。

 『ミックス・ブランド』・・・・1つの商品に製造業者のブランドと流通業者のブランドの2つをつけた場合いです。

 『ノー・ブランド』・・・・製品機能・価格優先で不要なブランドを付けずに販売さる場合です。別名『ジェネリックブランド』とも言われています。

 

<僕の理解の仕方>

最近、ジェネリック医薬品って言葉が流行していますが、ジェネリックとは「一般的な」「ブランドに囚われない」との意味みたいです。だからノーブランドがジェネリックブランドと呼ばれるのですね。イメージとし、ナショナルブランド→プライベートブランド→ノーブランドって順番に安くなる感じがします。PB商品は、スーパーでよくみかけ、ついつい買ってしまいます。

|

« 佐喜千 | トップページ | 洋服の青山 »

「キーワード」カテゴリの記事