« 新人さんゴメンなさいm(__)m | トップページ | ごんぼ »

★BEP分析

 BEP=Break Even Point(ブレイク イーブン ポイント)=損益分岐点

BEP分析=損益分岐点分析=収益と費用が同額で損益ゼロになる点をもとに、企業の経営や安全性などえ分析する方法。

収益は売上高をさし、費用とは固定費と変動費の合計額をさします。

固定費とは、企業活動において、売上高の増減に関係なく発生する費用のことです。極端に言えば、売上が1万円でも100万円でも1000万円でも企業を維持するための費用は同じなので全て同じ金額の固定費が発生します。具体的には、地代家賃・固定給・リース料などです。

変動費とは、企業活動におてい、売上高の増減に連動して増減する費用のことです。極端に言えば、売上高がゼロなら1円も発生しない費用です。具体的には、仕入原価、出荷運賃などです。

(厳密に、固定費と変動費に分類するのは難しいです。学習上は、変動=売上原価(製造原価)で、固定費はそれ以外としておきます。)

売上ー変動費=限界利益額(付加価値額・粗利益)ですよね。

100%-(変動費÷売上額×100%)=限界利益率(付加価値率・粗利益率)になります。

固定費÷限界利益率=損益分岐点になります。

上記が計算式になります。

この損益分岐点は、グラフでみるとわかりやすいです。(すみません、グラフをブログにUPできないです。)

つまり、1個の商品を販売して獲得できる粗利益で、固定費を全額まかなうことのできる売上高が損益分岐点になります。

その分岐点の売上高よりも、売上高が増えれば利益が発生し、逆に売上高が減れば損失になります。

だから企業は、1個あたりの売上原価を減らしたり、売上単価を上げたりして粗利益を増やしたり、固定費を減少させたりして、損益分岐点を下げることにより、強い企業(高収益企業)になるために、いろいろな経営改善を実行しているのです。

<僕の理解の仕方>は、本文に混ざっています。

|

« 新人さんゴメンなさいm(__)m | トップページ | ごんぼ »

「財務会計」カテゴリの記事