« 路面電車 | トップページ | 入浴剤 »

★成長戦略

成長ベクトル・・・アンゾフが考えた成長戦略のモデルです。企業が成長する方向性を見つけるための4つの戦略を組み合わせる方法論です。 

市場浸透戦略

 既存製品・既存市場で、購買頻度UP・他社からの乗換促進などで売上・市場占有率を増加させる成長戦略。

市場開拓戦略

 既存製品を新しい市場分野に適合(販売地域拡大、新たな使用方法提案)させることで売上・市場占有率を増加させる戦略。

製品開発戦略

 既存市場に、新しい製品(製品改良、機能追加)を投入して売上・市場占有率を増加させる戦略。

多角化戦略

 市場分野、製品分野ともにまったく新しい分野に進出して売上・市場占有率を増加させる戦略。

 

---------------------------------------------------------

『④多角化戦略』をもう少し詳しく

Ⅰ.なぜ企業は多角化戦略を行うのか・・・

①主力製品に対する需要の停滞

②収益の安定化とリスク分散

③範囲の経済を追求し経営資源の有効活用

④休眠資源の有効活用

などが、理由としてあげられます。

 

Ⅱ.多角化のタイプ

①水平的多角化・・・市場を軸に、品揃え充実で同じタイプの顧客に新商品を販売

②垂直的多角化・・・製品を軸に、商品はそのままで生産段階や流通段階も自社でするようになる。

③集中型多角化・・・既存製品から関連のある製品を開発し販売する。

④集成型多角化・・・製品、市場ともまったく新しい分野に参入する。

 「③集中型多角化」は、釣具メーカーのDaiwaが、釣竿の技術を利用してゴルフクラブの製造販売をしているような話。ヤマハの多角化も同じである。

 

<僕の理解の仕方>

 市場の状況、自社技術の状況によって、市場を拡大して成長するのか、製品を開発して成長するのか、他社を追い出すのか、畑違いで勝負するのか、この4つのパターンを組合せて売上を増加させる。(目指せ右肩上がりの経営)

 多角化といっていも、製造業が卸売り小売りまで進出する時もあれば、小売が企画製造までするときもあれば、自社の技術を少し変化して違う業界に進出する事ができるときもある。いろいろな多角化を考えれます。

|

« 路面電車 | トップページ | 入浴剤 »

「キーワード」カテゴリの記事