« ★市場の分類 | トップページ | ★新製品普及プロセス »

★4Pと4C

 少し前に、マーケティング・ミックスの4つのPを説明しましたよ。

「製品戦略」「価格戦略」「プロモーション戦略」チャンネル戦略」のPから始まる四つの単語です。この4つは企業側の視点から整理されたキーワードが『4P』なんです。

同じものを顧客(消費者)側からの視点で整理すると、4つのPをCに変えて整理できます。『顧客ソリューション』『顧客コスト』『コミュニケーション』『利便性』と言う『4つのC(4C)』として考えられます。

『顧客ソリューション』(Customer Solution)・・・・消費者はどのような製品を望んでいるのか。⇔「製品戦略」

『顧客コスト』((Customer Cost)・・・・消費者から考えるとどれだけの支払いをするのか。⇔「価格戦略」

『コミュニケーション』(Communication)・・・・消費者と企業はどのようなコミュニケーションを行っているのか。⇔「プロモーション戦略」

『利便性』(Convenience)・・・・消費者はどのような店舗や場所で獲得できるのか。⇔「チャンネル戦略」

マーケティングを、消費者目線が出発点となって考え方を展開しているものなのです。

 

<僕の理解の仕方>

消費者が、こんな商品を望んでいるからこんな製品をつくる。

消費者が、これくらいの価格なら購入してくれるからこの価格にする。

消費者が、こんな広告なら興味をしめしてくれるからこの広告にする。

消費者が、こんな場所、こんなお店なら立ち寄ってくれるからこの場所にする。

こんな、感じですかね。

|

« ★市場の分類 | トップページ | ★新製品普及プロセス »

「キーワード」カテゴリの記事