« お歳暮 | トップページ | 異性の友人 »

★マーケティング

・個人および組織の目標を満足させる交換を創造するため、アイディア、財、サービスの概念形成、価格、プロモーション、流通を計画し、実行する過程である。

・企業及び他の組織が、グローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。

・個人や集団が、製品および価値の創造を通じて、そのニーズや欲求を満たす社会的・管理的プロセスである。

上記の3つの説明は、すべてマーケティングの定義です。

上から順番に、アメリカマーケティング協会、日本マーケティング協会、コトラー(研究者)が考えた定義です。

 

★マーケティングコンセプトの変遷

時代や経営環境によって企業のマーケティング活動は変化していきます。

生産志向・・・・市場に対してあまり配慮を払わずに「はじめに製品ありき」「作れば売れる」との時代や市場でのコンセプト

販売指向・・・・いかに販売するかというプロダクト・アウトの考え方に基づいたコンセプト

マーケティング志向・・・・経営活動の中でマーケティング活動を最も重視するコンセプト

社会志向・・・・消費者保護運動をきっかけに登場した考え方で、「企業利益」「消費者の欲求」「社会の利益」の3つをバランスよく追求するコンセプト

 

①は、モノ不足時代の考え方

②は、いかに販売するか充足時代の考え方

③は、顧客満足(CS)を通じたい適正利益追求の考え方

④は、企業の社会的責任社会貢献などを考える考え方

 

<僕の理解の仕方>

マーケティングは、「どのようにモノを販売するのか?」を考えるのですが、

市場の状況、国民の所得の状況、社会の風潮などによって、

企業が取るべきマーケティングは変化すべきだし変化してきている。

次のマーケティングコンセプトは、『環境』ですかね?

|

« お歳暮 | トップページ | 異性の友人 »

「キーワード」カテゴリの記事